風俗へ通うお客さまの赤裸々な体験談

menu

風俗で稼ぎたい人が読む体験談

池袋の西口の人妻風俗店へ行ってきた話

池袋の人妻風俗店

先ず、東京の池袋についての風俗の体験談ですけど、其の池袋といえば学生時代(R大学の頃)から円の有るところで、今でも勤務の帰りに羽根を伸ばすところと言えば池袋になりますね。 そして、池袋といえば新宿に敗けないぐらいの歓楽街や風俗営業の多いところと言えるかもしれません。

特に、池袋の風俗と言えば、西口(北口も含める・・?)や東口もそうですが、特に西口の風俗街は風俗マーケットといわれるほど盛んなところで、汎ゆる層の風俗の種類が揃っているところです。 そして現在では、風俗といえば池袋西といわれるほど池袋ファンも多く、風俗ファンに愛されているところでう。 

各言う筆者自身も昔からの池袋ファンで、各お店が色んな種類の色んな形で営業し続けていることはご存知通りで、イメージを変化させながら営業を続けています。 そういう事で今の池袋は駅周辺に集中、または散在している風俗店というのは、特に駅の西口から北口にかけてを中心に営業しているのです。

特に、近年では北口方面にラブホテル街が出来たこともあって、此等のホテルとタイアップしながら派遣型のデリヘルやホテヘルを主体とした営業が沢山あって、盛んになっているのです。

そんなことで、つい先般も休日も池袋で買い物しながら池袋演芸場を楽しんだ後の帰り道、珍しく池袋の西口で一杯のんだのです。 この地は例によって、陽が落ちて宵ともなるとネオンがキラキラ輝きだし、何処からともなく濃い化粧した女たちが客引きに声を出す、所謂、歓楽通りでもあるんです。

そして、其の周辺は今ではすっかりイメクラやデリヘルが並ぶ風俗街になっていて、チャンと昔の面影を残しているところでもあります。 近くにはデリヘリも多いせいかラブホテルも並んでいて、値段的にも1時間のショートタイムで3000円台と結構割安なのです。 

さて、その後ブラブラしながら、やはり手軽に気楽に遊べるのはやはりデリヘル化ホテヘルということになるでしょう。 どちらも待ち合わせ型、派遣型といって一般にはラブホテルで遊べるのが何と言っても気楽でいいもんです。 ただ、此の種の風俗の場合はラブホテス代というのが余計にかかりますけど、池袋の場合はタイアップしているせいか極端に安く休憩もできるのですし、此れが池袋の特徴かもしれません。

池袋のデリヘルは凄かった…

そんなことで先ずは、池袋の風俗の情報をちょっとスマホをいじりながらネットで検索をかけての体験談ですが、スマホで筆者お好みの人妻系の女の子をチェックした後にそして次に電話でコースを伝えて予約します。 女の子は紹介されたというより写真で見た目よりも思っていた以上に可愛くて驚きました。 
若くても今どきのギャルより、未だ女子大生のような人妻で、気品の良さと頭の良さが感じられます。 全般的なプロフィールを見ても、此の店は、案外、クオリティが高いと思われます。

待ち合わせをして、二人で腕を組みながら恋人感覚でホテルインしてからは、さすがに元人妻といっても此の業界での経験が浅いようで、ものすごくテクニックが上手いとか、熟練した手さばきを見せつけてくるとかはなかったですが、どちらかと言えば未だギコチナサが残っていると思いました。

寧ろ、この辺りが初々しくて其処がいいと思いましたし、理由はともかくも本当に初めてこの業界に飛び込んできたんだろうなと思うような仕草が、余計に可愛らしく、女体をいじり回すというより、ギュッと抱きしめてやるような、感覚のセックスサービスに成りました。

手つきにしても、少しくらい不慣れなくらいがよく、一生懸命に唇を合わせキスしてくれたり、愛おしそうに我がチンを扱いてくれたりするの、こらはこれだ堪らないのです。お店に入って初めて実地的な教育を受けるんでしょうが、未だ其のももの状態が現れているのです。 実を申すとこの女性は我が娘に近い年齢でも有り、本当にいじらしく、可愛らしいと思いましたね。

それでも、「ここを、こうすれば気持ちいい・・?」、「あっそうそう、もっと力を込めてもいいよ、するとね、もっと男は気持ちよくなるんだよ」というやり取りをしながら、それでも、ジックリ女の子の体を攻めながら、最後は女の子のお腹辺りに、思いっきり噴出して果てました。
何時もは、ベテランの嬢を相手にしていたことが多かったので、久しぶりに味わった感覚でした。 人妻と言っても素人同然の子を攻めるのって楽しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー