風俗へ通うお客さまの赤裸々な体験談

menu

風俗で稼ぎたい人が読む体験談

やっと指名できた風俗嬢で超ラッキーなプレイを体験した

やっと指名できた風俗嬢

私は大手通信会社で営業に努めております。今日もたくさん話しして、それなりに残業して金曜日に帰りに。このまま一人で帰るのかって感じてました。

正直、仕事帰りに風俗に行きたくなりました。私の行きつけのお店、名古屋の名店パリ3に電話を入れます。過去から何度も予約しても捕まらなかった女性に予約をしようとします。実際に電話してもどうせ捕まらないだろって思います。電話すると「本日、りおちゃんは空いてます」と指名が取れました。今から1時間以内ですと予約取れます。

それも店員さん曰く「お客様ラッキーですよ。りおちゃんのやよく取れないですが今日はキャンセルが入りました」私は本当にラッキーでした。私の勤務先からお店は非常に近く15分くらいです。風俗店はどこでもそうなんですが、予約時間の20分前には再度連絡を入れる必要があります。そこでパリ3に再度連絡を入れます。

「今向かってます。すぐに着きます」とお伝えしました。

りおちゃんに関しては、色々なサイトで調べてもそれなりにプレイ内容が良いと聞いておりました。これは絶対に久々に満足できる風俗体験になりそうだと感じました。パリ3は名店であり、他にもいい女性はいますが「りおちゃん」に関しては別格という噂を聞いておりました。もう本当に興奮しながらパリ3に向かい、パリ3に着きます。私はいつもクレジットカードで支払います。入場料、指名料、プレイ料50分で2万円です。馴染みの店員さんと色々と話します。「本当にラッキーでしたね。今りおちゃんは準備中なのでお待ちください」「楽しみでしょー」等と話てる間もどんどん興奮してきます。パリ3はラウンジのように綺麗な作りの内装です。

ドリンクも2杯ほど飲んで、店員さんから「もうすぐプレイ時間になります。お手洗いはいかがですか」と言われます。そのままトイレに行き。少々待って「42番のお客様お待たせしました」と呼ばれます。とうとう女性と対面です。

目の前に現れた風俗嬢は、とびきりのモデル風美女

とうとう女性と対面です。っと、目の前に現れた風俗嬢は、とびきりのモデル風の美女でした。普通はインターネット上に出てるシティヘブンの写真よりも3割から4割引の女性が登場するのがベタです。今回は完全にビジュアル的には大成功。何度も予約して、やっとこさ成功した本指名です。

もうたまりません。会った瞬間に色々な感情がとびきりに出ます。「おおー」って顔していたら、りおちゃんから「りおを指名してくれて、ありがとうございます」って言われました。「いやー前々から指名してたけど、なかなか指名できなくて感激してます」「めっちゃ美人だねー、今日はあたりだ」って褒めまくります。彼女も非常に喜んでおりました。そのままプレイルームへ行きます。「くつろいでね」って言われて、そのままキスをしてくれます。最高にいいサービスです。

そのまま脱着サービスをして身体を接してくれます。もう嬉しいし、夢のように感動してます。私は全裸になり彼女に対して「脱がしてあげるよ」って問いかけて「うん」って言われます。そのまま全裸にしました。本当にモデルのような身体でおっぱいもEカップとかなり大きく感じます。

すぐに触ってしまいました。「たまらんねー」って言っちゃいました。手を引っ張られてシャワーを浴びます。身体をくっつけて、おっぱいをくっつけて身体をウォッシングしてくれます。ちんちんも綺麗にしてくれます。そのままお風呂に入ってイチャイチャしておっぱいを揉みまくります。お風呂の中で向かい合ってディープキスから潜望鏡のフェラチオをしてもらいます。これは一番興奮して、風呂場で果てるところでした。私は基本的に風俗では「マットプレイ」は嫌いです。

ベッドプレイのみを楽しみたいので「ここで果てちゃうよ。ベッド行こうよ」って誘います。そのままベッドで全身リップさせて、ちんちんをフェラチオしていただき、私も彼女のアレを指と舌でせめて。おっぱいに赤ちゃんのようにしゃぶりつきました。そのあとシックスナインをして、鏡に映る私に興奮しました。最後に素股をしていただき1発目が抜けました。その後、休憩してお互いの人生のお話をします。烏龍茶を飲んで、その後。彼女から2回目しよって誘われます。

私は疲れてましたが、また来たいので頑張りました。次は立ってパイズリをさせて口の中で抜きました。本当に最高です。ラインの交換もして予約しやすい日を教えていただきました。

本当にプレイ内容は人生で最高です。是非もう一度行きたいです。アレだけのフェラチオと素股ができる女性はなかなかいないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー