風俗へ通うお客さまの赤裸々な体験談

menu

風俗で稼ぎたい人が読む体験談

生理中でも仕事を頑張る風俗嬢に接客してもらった話

生理でも頑張る風俗嬢の話

アルバイトが休みの時に初めて風俗に入ってみた時の体験談としては、最初に好みの女の子を選んで、ソファーが置かれてる席に通されて待っていた所、選んだ女の子が私が座ってる席に座ったのです。それも下着姿で、経験が少ない私にとっては、刺激的だったのです。女の子が私にぴったりとくっついて、ボディタッチをしてきたのです。

女の子が私のズボンのベルトを取り始め、下着も脱がされて、ペーパーにアルコールをスプレーして、私のあそこを拭き始めたのです。私のあそこもすぐにビンビンになってしまったのです。勃起するまで続けたので、それだけで、私は気持ちよくなっしまったのです。

それが終わると、女の子の方から「キスしてもいいですか」と言ってきたので、私も「いいですよ」と言ったのです。女の子が私の唇に、まずはフレンチキッスをして、それから、舌を入れるなどしてディープキスをしたのです。その後、女の子が口から下に移動して、ビンビンになった私のあそこをフェラしてくれたのです。亀頭だけでなく奥までくわえ込んでくれたので、私は、気持ち良さも最高潮になり口の中で射精をしてしまったのです。

私は、女の子とそういった行為は、なかなか経験をしていなかったのと、若かったことから、精子の量も多かったです。

私も風俗でそういった行為をしてくれるのは知らなかったので、それから病みつきになって、何度もその女の子を指名してサービスをしてもらったのです。

その風俗店も自宅から近くでしたので、こんなに気持ち良くなれるなんて思ってもみなかったのが初めて風俗に行った時の感想です。料金も低額で利用がしやすかったので、定期的に風俗へ行ってすっきりさせてもらうことが出来ます。

その子の名刺ももらうことが出来たので、出勤される曜日をチェックして、大切に保管をしています。

風俗で生理でも裸になってくれた時の体験談

風俗での体験談としては、行った所の女の子は、風俗での仕事は出来ないかと思っていたのです。いつものように私のパンツを脱がして、アルコールで消毒をする所からスタートをするのです。私は、いろいろな風俗に行ったことがありますが、どこの風俗でも同じような手順だったのです。

お気に入りの女の子は、「私生理なんだけど、いいや」といいながら、裸になってくれたのす。勃起をした私の前で女の子はキャミソールを脱いで、パンツを脱いでサービスを開始したのです。その時の女の子はキスをした後、私にまたがっておっぱいを舐めさせてくれたのです。

おっぱいはとても柔らかく、乳首も可愛らしかったので、舐めていても気持ち良さを感じたのです。私は、生理ということでしたので、あそこにタンポンが入っていたのですが、引っこ抜くのは可哀そうと思って、そのままの状態で、指を優しく入れてあげたのです。タンポンを入れてるからかわかりませんが、感度がいまいちでしたので、クリトリスを愛撫してあげたのです。すると、徐々に勃起してきて、女の子の口から喘ぎ声が聞こえたのです。

それからフェラに行ったのですが、私も気持ちよくさせてあげたいと思って、「69をしたい」と言ったら、「いいよ」と言ってくれたので、お互い気持ちよくなることが出来たのです。時間も限られていることから、舐めるのも短い時間でしたが、女の子のあそこはとても美味しかったのを覚えてます。生理中ということから、目の前に紐が見えて引っこ抜きたいと思ったのですが、舐めている途中血が顔や服にかかったらどうしようと思ったので、今回は、紐をどかしながら舐めることになったのです。

あそこを舌先でぺろぺろしたら、女の子の喘ぎ声が聞こえて、私は感じてくれていることに大変嬉しかったです。一緒にアナルの少しだけ舐めてあげたら、「そこはだめ」という声が聞こえたのです。今度は生理じゃない時に来ることを約束したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー