風俗へ通うお客さまの赤裸々な体験談

menu

風俗で稼ぎたい人が読む体験談

いつもの風俗に飽きて、初めてM性感に行ってみた

いつもの風俗に飽きて、初めてM性感に行ってみた

風俗にジャンルだけではなく、コンセプトがあります。とくに池袋西口の風俗は色々あります。

風俗の種類やジャンルというと「ソープ」「ピンサロ」「箱ヘル」「デリヘル」「ホテヘル」などの営業形態を指すことが多いですが、それとは別に在籍女性のタイプやプレイ内容になど様々な「コンセプト」に分かれます。例えばデリヘル一つをとってみても、「素人」「ギャル」「人妻・熟女」「痴漢・夜這い」など細分化されていて、男性の好みやその日の気分にて遊ぶ相手や遊び方を選ぶことができる。今回私は、前々から気になっていた「M性感」のお店を利用してみました。

SMと聞くと、鞭や蝋燭といった激しいプレイを想像してしまい敷居が高すぎるように感じてしまいがちだが、そこまでのドMではないソフトMの男性も世の中にはたくさんいて、無理しすぎないほど良いMプレイを楽しめるお店もたくさんあります。普段は王道のデリヘルで遊ぶことの多い私ですが、言葉攻めや目隠しなどのMプレイをしてみたいという願望を以前から持っていました。風俗情報サイトで見つけた、とあるM性感のお店は「熱い・痛いはありません」「初心者の方も安心です」などの説明がされていました。

プレイ内容を詳しく見ると、男性から女性へのタッチは原則禁止。女性からの乳首舐めはあるが、キスやフェラチオはできない。前立腺マッサージと聖水(おしっこ)プレイが追加料金不要でできるが、苦手ならば無しにもできる。とのことでした。サイトを見ると、たくさんのきれいなお姉さんが網タイツ姿で掲載されていています。私はその中で、黒くまっすぐで長い髪が印象的な27歳の女性を電話で予約しました。

体験動画や漫画でのコース説明も充実しているサイトで、事前にしっかり見てイメージを膨らませます。営業形態はデリバリーヘルスなのですが、外で待ち合わせ対面し一緒にホテルに向かうことも可能とのこと。せっかくなので待ち合わせをお願いしてみました。

今まで知らなかった風俗の遊び方。M性感にはまりそう。

指定された待ち合わせ場所で待っていると、「〇〇様ですね?」と女性の方から話しかけてくれ対面でした。一緒に手をつないで歩いていると、もう言葉攻めが始まります。

「ずっとHなこと考えて待ってたの?」

「興奮してるの?人がたくさんいるのに勃起しちゃったら恥ずかしいね」と言いながら、腕に胸をグイグイ押し付けます。

ホテルに到着しシャワーを浴び終えるとベッドに寝かされ、アイマスクと手かせを付けられます。「見えないから何してるかわからないね。興奮するでしょう。」なんて応分を煽られながら、股をガバットと広げられ「初めて会った女の子の前で恥ずかしい恰好だね。」なんて言われながら、息子をしごかれます。突然顔にムギュっとした感触が当たると思ったら顔騎でした。

アソコのにおいとお尻の柔らかさ興奮していると、アイマスクを外して頂きました。「おしっこ大丈夫?どこまでかける?」と聞いてくれ、聖水プレイは初めてだったのですが、胸とおなかにかけてもらうことにしました。パンティを脱ぐと、パイパンのアソコから勢いよく聖水が飛び出します。手は縛られたままで動けず、美人に見下ろされながらおしっこをかけられることが、こんなにも興奮するのかと驚かされました。

興奮の余韻が冷めやらぬうちに、前立腺マッサージが始まります。指サックを付けた指をアナルに挿入し、中で指をまげて刺激しながら、同時にローション手コキでしごかれます。そのまま前傾姿勢になり、舌を伸ばして見せつけるかのように乳首を舐めまわします。

「女の子みたいに声出しちゃってかわいいね。いっぱい出していいんだよ」とさらに言葉で追い打ちをかけ、大興奮のままイカせていただきました。

初めてのM性感で緊張もしましたが、とても慣れた女性で、私の許容度を常に気にしながら攻めてくれました。おしっこがあんなに興奮するとは知りませんでした。風俗遊びにマンネリ気味ならば、新しいジャンル開拓はありだと思います。

おしっこをかけられあんなに興奮するなんて。かけられてみるまで知りませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

カテゴリー